ロードタイヤ用のインサート『AIR-LINER ROAD』が誕生しました。

webtop

耐久性、プロテクション、ランフラット・パフォーマンスのコンビネーションを実現した
ヴィットリアのエアーライナーが皆さんのお気に入りのロードタイヤで使えるようになります!
ロードバイクは進化を続けており、パフォーマンスの限界が新しいレベルにまで押し上げられて
います。ホイール、タイヤ、ブレーキシステムの進歩によって、ライダーは今までよりも激しく
追い込むようになり、機材により期待をするようになってきています。

ヴィットリア・エアーライナーロード・システムはその為に不可欠なものであり、衝撃への
素晴らしい適応性とインパクトプロテクションを提供しながらも、低い空気圧での
ビードロックを確実にしています。もし予期せぬパンクでエアーが抜けてしまった時には、
エアーライナーロード・システムがランフラット用として機能し、自宅まで無事に
帰ることができます。

ヴィットリア・エアーライナーロード・システムはチューブレス(レディ)タイヤ用として
特別に作られており、ヴィットリアに限らず市場にある全てのチューブレス(レディ)
ロードタイヤと互換性があり、どのブランドでも関係無く同じ効果を発揮します。軽い素材で
できており、シーラントを吸収しないのでインサートの耐用年数を延ばすことにも役立ちます。
既に最高レベルのレースである、過酷な春のクラシックのコンディションでプロチームによって
テストされ、ヴィットリア・エアーライナーロード・システムはプロトンにとって秘密兵器と
なりました。

あなたがトレーニングで使用しても、ツーリングでも、アドベンチャーでも、そしてもちろん
レースでも、ヴィットリア・エアーライナーロード・システムはライドに安心感と
プロテクションをもたらすでしょう。

エアーライナーロードは六角形の断面形状になっており、700Cロードホイールにチューブレス
(レディ)タイヤのビードがしっかりと固定される様にデザインされています。また、
エアーライナーは少し柔らかいフォームで出来ており、ロードタイヤの高い空気圧の中で
圧縮される様にデザインされています。それによって、タイヤがパンクした時など不測の事態が
起きた時にフォームが膨張(元に戻る)し、フォームがタイヤの中の空間を埋める事が
できます。そしてご自宅までランフラットとして走って帰ることができます。
(ランフラット状態で時速20km、約50kmの距離を走行可能)

※適正に空気を入れたタイヤの代用品として長く使用する様には作られていません。また、通常時と比べてハンドルの操縦が低下しますので、走行には十分ご注意ください。

エアーライナーロード・キット

エアーライナーロードは先ずはじめに、お得なキットを発売します。このキットには、
エアーライナーロードが2本、ヴィットリア独自のチューブレス・マルチウェイバルブが2本、
新しくなったシーラント『ユニバーサル・チューブレスタイヤシーラント(80ml)』が1本、
そしてヴィットリア・ ロードチューブレス・ツールキットがセットされています。
マルチウェイバルブは、シーラントによってバルブが詰まることを防ぎ、空気圧を調整する際に
使いやすくなっています。
また、キットに付属するヴィットリア・ ロードチューブレス・ツールキットがあれば、
エアーライナーロードの取り付けが早く簡単に行えます。キットには、装着と脱着に不可欠な
ツールとして専用にデザインされたプライヤー1つとクリップ6つが入っています。
パテントを取得したプライヤーのデザインにより、タイヤをリムから外す時に優しく且つ確実に
タイヤを掴むことができます。このプライヤーによってタイヤとリムの間にクリップを入れる
為のスペースを作ることができます。更に、プライヤーのハンドルはタイヤをはめたり外したり
する時にタイヤレバーのように使える様、またリムとタイヤに傷を付けない様にデザインされて
います。このロードチューブレス・ツールキットはエアーライナー取り外しだけではなく、
一般のチューブレス(レディ)タイヤ取り外しにも使用できます。

16

ヴィットリア・マルチウェイバルブ(実際はアルミのブラックカラーとなります)

0b

ヴィットリア・ロードチューブレス・ツールキット

b4b0d1bfecb283df67bdbfefeb983c73

575940a0d3023d8545da77ba973a5a0a

【使用上の注意】
・パンクをしてタイヤ内の空気が無くなった場合、エアーライナー・ロードは低いスピードでの
一時的なランフラット・ライディングを可能にします。エアーライナー・ロードは自宅や
最寄りのプロショップまでのライドを可能にしてくれますが、適正に空気を入れたタイヤの
代用品として長く使用する為には作られておりません。また、通常時と比べてハンドルの操縦が
低下しますので、走行には十分ご注意ください。
・ランフラットの状態で走行する場合、最大時速20km程度の適度なスピードで走る様にして、
50km以上の距離を走行しない様にして下さい。

・エアーライナー・ロードは最大システム重量125kg(ライダー、バイクと装備)のISO条件を
満たしています。

・エアーライナー・ロードは、タイヤを交換する際、都度チェックする必要があります。
下記の様な場合にエアーライナー・ロードの寸法が何らかの理由で悪影響を受け、その効果が
減ったり機能が発揮できなくなったりしている恐れがあります。

  1. パンクしたタイヤでライディング:空気の抜けたタイヤの中で使用した後は、
    エアーライナー・ロードのコンディションを常にチェックしてください。
  2. 空気の抜けたタイヤの中でエアーライナー・ロードを保管:使用しない時は、適度な空気圧
    (最小1bar)で保存することをおすすめいたします。また、エアーライナー・ロードは
    毎年交換することをおすすめいたします。

・エアーライナー・ロードは無傷の状態で元々のサイズのまま維持されていれば、
空気の抜けたタイヤの中でも安全に走ることができます。インサートの元々のサイズを変えてはいけません。交換時に確認が必要であれば、下記チャートをご覧ください。

エアーライナー・ロードの交換時期目安

1